↑チャームポイントはしゃくれと鎖骨。のんだくれ「元」カリスマ販売員の日常@新潟。♪生まれた、生まれた、何が生まれた~♪娘がうまれました。


by clucy5989
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:仕事( 82 )

アルバイト。

今年の1月にそれまでパート(とはいえ仕事は社員並み!)として勤めていた会社を辞め、
フリーランスとして仕事をしてきたわけですが、
いよいよ経済的に厳しくなってきたのと、来年は車検が!とはたと気づいたので、
貯金を取り崩している場合ではないっと思い、
とりあえず、フリーでやっているお仕事は続けつつ、
新たに短時間のアルバイトを9月から始めました。

母親の介護もしなければならないし、
娘もまだまだしばらくは手がかかりそう。
おまけに、姑も体調を崩し、今は元気だけれどいずれお手伝いをしなければならなくなる。

こういうのって、長男とか長女とか関係なく、
動く人のところに回ってくる役回りなんだなと
最近友人と話していてよくわかった。

生活の中心は、あくまでも家庭におきたい。

今日15日は、アルバイトを始めてから初のお給料日。
フリーで仕事をしていると、
雇われてある程度のお金がもらえる予測が立つのが本当にありがたく感じる。

なんとか両立してそれなりの収入を得られるようになった。

しかし、いまだに赤字なんだよね。
車検代、貯めねば。
[PR]
by clucy5989 | 2013-10-16 01:05 | 仕事

フリーになりました。

半年振りくらいの更新です。

今までにもいろいろブログに愚痴っていた職場のことですが、
先月退職をいたしました。
11月に引っ越したこと。
春から娘が小学校にあがること。
そして母親の病気がじわじわと進行していること。
など、いろいろ考える要素がありました。、

今年に入って、きちんと仕事をひきつげる人が入社してくれたので
安心して退職をすることにしました。

ただし!そうはいってもなかなか厳しい世の中。
子どもと母親の世話をしながら働ける場所なんてなかなかないもの。
かといって私自身も全くの無職でいるつもりはありません。

とりあえず前の会社が仕事を出してくれることになり、
在宅スタッフのような形で仕事を続ける事になりました。
講師アシスタントの仕事も、突発的にはいるので、
アシスタント要員としてもお仕事があり、
ひとまずはフリーな状態でしばらく仕事をしていこうと思います。

実は以前に出産の為一度退職した際、
その後1年ほど在宅スタッフで仕事をしていたことがあります。
その頃は仕事の進め方もわからず、要領も悪く、娘は赤ちゃんで育児も忙しいし、
私も半分パニック状態で仕事していた記憶があります。

あれから5年。
娘も立派な(?)年長さんに育ち、私も仕事の流れをぱっと把握できるようになっていました。

経済的な面では不安定な為、ちょっとしたアルバイトでもしようかななどと
久しぶりに新しい事をいろいろしてみたいわくわくした気持ちです。

今までブログもほったらかしだったけど、
またぼちぼち書いていこうと思います。
[PR]
by clucy5989 | 2013-02-26 14:17 | 仕事
4月から、驚くことに「先生」と呼ばれる仕事になった!
といっても、失業者を対象にした職業訓練の担当となっただけです。
実際に、パソコンのスキルを教える講師の方々はいらっしゃっるわけで、
私がやるのは、事務的なことと、PCを使った授業のときのサポート、
そして就職相談といったものすごく泥臭い部分の担当。

しかし、暗雲垂れ込めた社内から、外の教室に出られたことで
私の気持ちは意外と晴れやか。

結局、販売時代にインストラクターとして若い子の指導をしていた頃の仕事に戻った感じです。

基本、知らない人と話すとか、相手をリラックスさせるといったことは
販売員時代に経験し、そもそも苦手ではないので、
仕事としてはいいのかもしれない。

問題は、前任者が一気に4月末で辞めてしまうこと。
引継ぎも中途半端だし、いざイレギュラーなことが起きたときに
取引先に対して「前任者がいないのでわかりません」ということも難しい状態。

まぁ、なんとかなるさ。
[PR]
by clucy5989 | 2012-04-21 22:46 | 仕事

よくわからないけど。

1月の終わりに、突如の人事異動。
それも、昨日までは普通に仕事していて、翌日出勤したら
「今日から××チームに行ってください。」
と言われた。
その時点では、とりあえず××チームに人手が足りないから応援みたいな感じだったんだけど、
結局そのまま××チームで働いている。

前々から、よく社員が辞める会社ってブログにも書いていたんだけど、
今年も間もなく2人の社員と、1人のパート社員が辞める。
そして、××チームのトップの社員もいつ辞めようかって考えている。

いよいよ会社が機能しなくなる予感。
どうなるんだろう。
でもまぁ私はパートだし、もし会社がどうにかなっても節約すれば暮していけるわけだし、
いざ仕事となれば、何だってやりますので、
そんなに危機感は感じていないのだけど。

しかし、残念な展開です。
[PR]
by clucy5989 | 2012-03-18 17:03 | 仕事
前々から退職していく人が多いことを
記事に投稿していたけど、
今年に入ってからさらにそのスピードが急加速。
7月までで10人以上退職。

理由はいろいろ。

前々から辞めたいと思っていた人が
今がチャンスとばかりに辞めていく。

最初のうちは、辞める人が現れるたびに、少し心がゆさぶられたけど
最近はもう何にも感じなくなった。

人がどうであろうと、私は私の仕事をするしかない。
私は子どものことや、母親の病気のことなど、
今の職場で理解をしてもらい休みを取らせてもらっていることなどを考えると、
簡単に転職はできない。
第一、私は今の仕事が好きなんだな、きっと。

辞めていく人たちのネガティブな会話を聞いているのももう飽き飽きした。
少しは残っている人たちのことも考えてよと言いたくなる。

だから、ある意味、今がチャンスって気もしてきた。
マイナス思考の人たちがいなくなって、残った人たちが力を合わせるチャンスかもってね。

なーんて、私はそこまで奮い立つ気力はないのだけど。
[PR]
by clucy5989 | 2011-07-14 01:08 | 仕事

ちょっと前の話だけど。

アパレルの不景気が続く中、私が気になっていたブランドKariAngの運営会社が倒産していた。

アパレルのショップの運営は、人件費が一番かさむと思われる。
それが百貨店内のショップともなれば、掛け率も下がり尚のこと。

ブランド自体が消滅したわけではないけれど、
こういう風にニュースが出ると、
なんとなくブランドの勢いがないように思われて、
あまり良くない気がする。
それに加えて、もう若い子たちの間では、森本容子さんって誰?って感じなのかも。
私が今の読モのことが全然わからないように。
[PR]
by clucy5989 | 2010-12-26 14:35 | 仕事

また送別会。

昨日は先月退職した2人を送るため、有志が集まり送別会。
最近やっとヘイポーパパとでも寝てくれるようになった娘。
私も徐々に外飲みにいけるようになりました。

それにしても、社員が辞めすぎ。

私はパート勤務。
若干仕事はハードだし、サービス残業が多いけれど、
会社は自宅から徒歩3分の至近距離で、
現在の私を取り巻く環境(旦那の扶養の範囲内で働くこと、娘の育児、母の介護など)を考えると
ベストな職場だと思います。

しかし正社員の人たちは悲惨。

昨日の集まったメンバーは、悲惨な中でも協力して仕事をこなしてきたメンバー。
なので、会社の愚痴はとどまることをしらなかったんだけど、
それでもこういう仲間がいてよかったね、と言えて幸せなほう。

日付を越える頃、一人の携帯に電話が。
先月入社したばかりの21歳の女の子からSOS。
彼女は前日は徹夜で会社泊まり、そして今日も・・・。

とりあえずノンアルコールの子が運転してくれて彼女を迎えに行った。
私は顔を見て帰ったけど、独身の女の子たちがフォローしてくれた。
そして彼女はまた日曜日も出勤らしい。

そりゃ辞めるわ。

私は、彼女が辞めると言い出したらとめる気は全くない。
むしろ辞めないで頑張るがゆえに、こころや体を病むことになってしまわないか心配。

先月辞めた2人は、完全に病んで倒れる直前で決心した。
残された私たちは大変だけど、
どうなってしまうんだろう。この会社。
[PR]
by clucy5989 | 2010-12-19 16:36 | 仕事

今やっている仕事。

今、電子書籍の編集の仕事をしています。

もともと紙の本でできていた本のデータを、電子書籍に加工するという作業。

ひたすら単純作業のくり返しで、とりあえず電子書籍データはできあがっていきます。

しかし、私自身がこの電子書籍というものを実際に読んだこともなく、
もちろん端末も持ち合わせておらず、
そして、今作成している本の内容も、全く興味を持てず。

というないないづくしのせいか、いまひとつ気持ちが盛り上がりません。


私はやっぱり紙でできた本のほうがいいなと漠然とした思いはありますが、
この先、一生で読める本の量を考えていくと、単純に情報を詰め込みたいというだけならば、
電子書籍で文字データを追う方が能率はいいとも思えます。


でも、やっぱり味気ないですよ。
[PR]
by clucy5989 | 2010-11-22 14:52 | 仕事
オリゾンティが再生法を申請。
確か数日前に東京ブラウスも再生法を申請という記事を新聞で見た。
そういえば、少し前にY’sも倒産、
D&Gも日本から撤退、
レナウンは中国の会社となってしまったし、
新聞に載らないような倒産の記事もたくさんあるに違いない。
バブル全盛のアパレルメーカーを知っている身なだけに、
この状況が信じられないような信じたくないような。

私のかつて勤めていたアパレルメーカーも決算の数字を見るとかなり厳しく、
不採算店舗をどんどんたたんでいるようだ。
あまり明るい情報はない。
昔の上司が口約束で、
「子育てが一段落したら、いつでも戻っておいで。」
なんて言っていたけれど、
もはや私の戻る場所なんてないはず。

アパレルメーカーが、適正な価格で適正なものを作っていたかどうかといわれると、
難しいところだ。
価値のないものにただブランドネームをつけるだけで、高額商品と化するようなことが
往々にしてあったに違いない。
販売接客のスタイルが押し売りまがいのものだったのかもしれない。
そういった行為が自分の首をしめたに違いないけれど、
それにしてもこんなにどんどんとメーカーが潰れていくとは。

衣食住のうち、
やっぱり最初にお金をけずるのは「衣」なのかな。
自分自身がそうなだけに、複雑な心境。
[PR]
by clucy5989 | 2010-06-05 17:17 | 仕事
私の隣の席にいた、派遣のDTPオペレーターSさん(40才、男性、独身)、
先月末で契約満了に付き退社されました。
独身なだけあって、私が忘れていた贅沢な生活を送っていて、かなり刺激をうけました。

「ねぇ、今日、僕の肌、ぴちぴちしてません?」
と、月曜日に必ず私にアピールしてくれました。
どうやらネットで高い美容液を買ったらしい。
でもその銘柄はけして教えてくれませんでした。
高いミネラルウォーターや、サプリなども常に飲んでいて、
アンチエイジングについて語り、杉本彩さんの冷蔵庫の中身を雑誌でチェックしていました。
分厚い女性雑誌を貸してくれたこともありました。

GWの長期休暇の前は、
「この連休はお肌の手入れに専念します。」
と言っていたSさん。

退社するときは
「起業しますよ。どこかで会いますよ、きっと。」
と微笑んで去っていったSさん。

あやしいマルチのディストリビュータか、オカマだったのではないかと今になって思われます。

それにしたって、やっぱりそれだけ美を追求する人が隣の席にいると、
少しは私にも変化が現れます。
一生懸命ネイルクリームを塗ったり、
少し高級なシャンプーを使ったり、久々にこの数ヶ月頑張っていました。
そしたら、保育園の先生に
「あら、今日ママきれいねー。」
なんていわれたくらいにして、やっぱりそれなりに効果があったようです。
(保育園か会社か、母の病院の付き添いくらいしか行かないので言ってくれる相手も限られる)

Sさん。ありがとう。
あなたに対しては、異性に対する意識ではなく、なぜかライバル意識でした。
私はアンチエイジングではなく、ウィズエイジングで頑張ります。
[PR]
by clucy5989 | 2010-06-05 16:31 | 仕事