↑チャームポイントはしゃくれと鎖骨。のんだくれ「元」カリスマ販売員の日常@新潟。♪生まれた、生まれた、何が生まれた~♪娘がうまれました。


by clucy5989
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:赤ん坊→子ども( 46 )

続・娘の歯が抜けた。

夕方、公園に遊びに行っていた娘が、はぁはぁ息を切らして帰ってきた。
何事?と思っていたら、
「ママー!歯が抜けたよー!」
と、抜けた歯を大事そうに持って帰ってきたのだった。

根っこの短い、きれいな乳歯。

一番最初に抜けた歯は、どこかへ隠れてしまったけれど、
二本目のこの歯を大事にとっておくことにしましょう。

少しずつ、大人になっていく娘が、
いつしか私の元から旅立っていくときに
この小さな歯は私のもとにおいていってもらいたいな。
[PR]
by clucy5989 | 2013-10-15 00:04 | 赤ん坊→子ども

明後日卒園式。

来週の火曜日、娘の保育園の卒園式です。

1歳児の4月から入園。
といっても生まれて半年後から、隣の支援センターにほぼ毎日通っていた為、
実際には6年間お世話になった保育園。

早く大きくなってと願った日々がついこの前のことのように思えます。

娘は新しい小学校の生活への夢の方が大きいらしく、
母親の寂しさなんてお構いなし。
冷静に考えれば、前向きでいてくれたほうがありがたいのだけどね。

きっと、小学校の生活も飛ぶように過ぎ去り、
あっという間に大人になってしまうのでしょう。
その出発を喜んで送り出せる母親でありたい。

けど、やっぱり寂しいなぁ(´;ω;`)
[PR]
by clucy5989 | 2013-03-24 16:59 | 赤ん坊→子ども

4月になって。

3月はあっという間に過ぎ去った。
そして4月になったことを実感するのは、娘が保育園で年中さんに進級したということ。

去年、2歳児のクラスから年少さんに上がった時は、
担任の先生と別れるのが寂しくて毎日泣いてばかりの娘でしたが、
今年は
「お姉さんになるの!」
「寂しくなんかないよ。」
と、年中クラスに上がれることの喜びで満ち満ちている。

子どもが育つのはあっという間なんだね。
[PR]
by clucy5989 | 2011-04-03 17:02 | 赤ん坊→子ども

娘、髪を切る。

a0029060_0182160.jpg
今まではもう少し離れた床屋さんに通っていたが、
雪が降ってきたせいで行くのが億劫に思えて
私が最近行っている近所の美容院にてカット。

前髪ぱっつん!
若い美容師さん曰く、
「いまるちゃんカット」
だそうな…
私はいつも「わかめちゃんみたくしてください」
と頼むんだけど、
絶対その通りにはしてもらえない。
きっと結構テクニカルな髪型で実力が試されるのかも!?
[PR]
by clucy5989 | 2010-12-28 00:18 | 赤ん坊→子ども

「いろはであそぼ」。

a0029060_22252350.jpg
私の大好きなアーティスト、JUN OSONさんの絵本が出版されました。
「いろはであそぼ」です。
文字に興味が出てきた娘(3才9ケ月)にはど真ん中ストライクで、
しかもシャキーン大好きとあれば
気に入らないわけがない!







買ったその日から
「これなーんだ?」
と、私に見せては喜んでいました。
特にお気に入りは「へ」。
a0029060_22252369.jpg

できることなら、いろはにほへとの次も
ちりぬるを、よたれそ…と
シリーズで出してもらいたいですね。なーんて。
[PR]
by clucy5989 | 2010-11-13 22:25 | 赤ん坊→子ども

絵らしきもの。

ちゃんと人の顔に帽子をかぶせたらしい。
a0029060_1594353.jpg
[PR]
by clucy5989 | 2010-06-20 15:10 | 赤ん坊→子ども
ピタゴラスイッチは本当に面白くて、何年見ていても飽きない。
娘も大好きだし、ヘイポーも私も好き。
「0655」も面白いね。

こたつたこのことばを募集していたので、
このGWあたりからずっとずっと考えていた。
お風呂に入っているときはとりあえずずっと。
回文を作るのはぼけ防止にいいのではないかと思ったりもした。
だけどこたつたこの場合、小さな子どもにもわかることばでないとという設定があるから
結構難しいです。

それで応募もがんがんとしつこいくらいにしているのでありました。
私の自称名作が歌われ、そしてあのアニメになる日が来るかと思うと武者震いです。
(勝手に採用される事を妄想してニヤニヤ)

しかし!
応募のフォームで5文字までしか入力できないではありませんか。
♪てんぐのぐんて~♪は7文字なのに・・・。

そこでブログにて私の7文字名作を披露。

More
[PR]
by clucy5989 | 2010-05-12 01:12 | 赤ん坊→子ども

お下がりループ。

先週の日曜に、娘の小さくなった洋服や絵本、おもちゃなどを
友達の子どもにお下がりとしてあげました。
友達・・・といっても男の友人で、たまたま奥さんが外国の人なのでなかなかお下がりをもらうチャンスもないらしいのです。
なので、喜んでもらえて私も嬉しい。

私は、友人たちより遅く子どもを産んだせいか、
おかげさまでいとこのお下がりや、友人のお下がりなど
あちらこちらからいただけて、本当に助かっています。
特におもちゃや絵本などは、親が良かれと思って買ってやっても意外と気に入らなかったりするので、
お下がりでどーんともらえると子どもも喜ぶし、何よりムダがありません。

洋服なども汚しても気にならないし、保育園に着せていくにも安心。
意外と娘本人も、「○○ちゃんが着てたのだから嬉しい!」みたいな感じで気に入ってくれたりします。

そうこうしていたら、
ヘイポーの友人から、
親子乗りの自転車をお下がりでもらいました。
屋根つきの車庫に入れてあったらしく、年数は経っているものの綺麗な状態。
これは嬉しい!
実は前々から欲しいなと思っていたんだけど、
通勤用の自転車はあるし、
保育園のお迎えには自転車はちょっと厳しい距離なので買うほどでもないなってあきらめていたもの。
これからの季節・・・活躍しそう。
なんてったってエコだし、第一娘が大喜び。
私も子どもの頃、父親のスクーターの前に乗せてもらってちょこっと近所を一周ってのが大好きでした。
やっぱり「風を切って走る」っていう感覚って気持ちいいよね。

この靴たちは小さくなって捨てたり、お下がりでもらってもらったものたち。
なんとなく寂しくて手放す前にいつも写真にとってしまう。
a0029060_1628742.jpg
a0029060_16282272.jpg

[PR]
by clucy5989 | 2010-04-17 16:31 | 赤ん坊→子ども

おっぱいやめた。

今月の5日は私の43回目の誕生日でした。
43回目ともなるとお祝いムードも何もなく、
ヘイポーは会社の忘年会で夜はいないし、
ちょうど娘のインフルエンザの予防接種の予約が入ってたりで、
バタバタと一日が終わりました。

ただ、朝一、不思議な出来事がありました。

私は娘を完全母乳(ママ用語で「完母」ってやつね)で育てたくて、
そういう病院を選んで出産したのですが、
その病院では
「おっぱいは好きなだけ飲ませてください。何歳になっても、本人がやめるというまでは。」
というような指導だったので、私もそう思っていた。
しかし、1歳を過ぎた頃から、周りの友達がどんどん卒乳していって、
ママたちは飲酒解禁だわ、夜もよく眠れるわで、少し私も焦り始めてきた。
夜中の授乳で体力消耗して風邪ばっかり引くし、これはそろそろ卒乳させなきゃいけないなと
思い始めた頃には娘にも自我が目覚めてしまい、
なかなか卒乳することができなかったのだ。

友達には、
「おっぱいにからしを塗れば?」とか
「おっぱいに顔を書くといいよ」とか
いろいろアドバイスをもらったものの、
無理やりやめさせることに抵抗があり、何の手立てもとらなかった。
そして2歳10ヶ月になるまで、夜はやめたものの、朝と昼の2回はおっぱい命な娘だったのだ。

ところが。
私の誕生日の朝、
「Mちゃんは、大人になったからおっぱいやめるの。」
と宣言して、それっきりおっぱいを飲まず。

こちらは何の前触れもないので逆に拍子抜け。

卒乳するときはスカッと卒業するものだと聞いてはいたけど
これほどとは。
私にとっての最高の誕生日プレゼント。ありがとう。

今はトイレトレーニングが停滞中。
もうオムツ卒業している子もたくさんいて、これもやや焦っていたけど、
その子のペースでやればいいんだなと、あらためて思った。
ゆっくりでいいんだよ~、少しずつで。
と娘に教えられた気がする。

ほんとに毎日子どもに育てられて、親になっているんだ。
[PR]
by clucy5989 | 2009-12-12 18:37 | 赤ん坊→子ども

幼稚園か、保育園か。

来年娘が3歳児になる。
同級生のお友達は、保育園に入ったり、幼稚園に入ったり、はたまた2年保育までおうちにいる子といろいろ。

昨日たまたま会社の昼休みで話題になった。
今は幼稚園に通わせているけど、来年度から保育園にうつすことにしたと言うAさんの話を聞いた他のママパートの皆さん曰く。
「えーっ、なんで~!」
「絶対幼稚園の方がいいよ~!」
「Aさんは仕事をばりばりやりそうなタイプだもんね。」

会話の中ではなんとなく
幼稚園>保育園
といった展開。

そこで私が放った一言。
「でもさ、幼稚園だと、あれ買ったりこれ買ったり月謝以外のお金がかかるし、
保護者会とかバザーとか何かと親も呼ばれるし、借り出されるでしょ。
公立の保育園だと、最初の道具さえ揃えればあとは余計な出費もないしいいよ~。」

これには猛反撃をくらった。
「3年間くらい子どもとベッタリしたくありませんか?」
「保育園だと、ママ同士も全然お友達になるチャンスがないでしょ。」

私は、自分が小さい頃は保育園だったから、娘を保育園に行かせることに対して何の疑問も抱かなかった。
仕事をバリバリやりたいから保育園という発想もなかったし、
保育園に入れたからといって子どもとベッタリしたくないというわけでもなかった。
たぶん、保育園でママ友達ができない人は、幼稚園に行ってもママ友達はできないと思う。

でも、昨日のママたちは圧倒的に幼稚園派で、
ちょうどいいタイミングで休憩時間も終わったのでそこらあたりで話は終わった。

私は幼稚園について知らないから、何も言えないのだけど、
基本「お勉強」より、
小さい間に「あそび」をたくさんさせたくて保育園にしたということが理由の一つにある。
幼稚園の制服もとっても可愛いんだけど、
汚してもいい、楽ちんな服を着せてドロドロになるまで走り回らせたかった。
だからいくつか保育園を見学して、一番その願いをかなえてくれそうな保育園を選んだつもり。

実は、パパヘイポーも幼稚園出身の為、
保育園に入れると私が言った時ものすごく驚いていた。
1歳から保育園に入れるということも彼にとっては衝撃的なことだった。
しかし、保育園での運動会や発表会を見て、
のびのび楽しそうに過ごす娘の姿を目の当たりにし、
保育園に対するネガティブなイメージは吹き飛んだらしい。

新潟では小学校のお受験というのがとても少ないので、
お受験の為に幼稚園という発想はあまりないようです。

いろんな子どもがいて、いろんな親がいて、いろんな考え方があるね。
結構デリケートな話題だったなぁ。
[PR]
by clucy5989 | 2009-10-31 17:26 | 赤ん坊→子ども